--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.03.28 17:30|読書:た行の著者
NHKにようこそ! (角川文庫)NHKにようこそ! (角川文庫)
(2005/06/25)
滝本 竜彦

商品詳細を見る

俺は気づいてしまった。俺が大学を中退したのも、無職なのも、今話題のひきこもりなのも、すべて悪の組織NHKの仕業なのだということを!…だからといって事態が変わるわけでもなく、ずるずるとひきこもる俺の前に現れた清楚な美少女、岬ちゃん。「あなたは私のプロジェクトに大抜擢されました」って、なにそれ?エロスとバイオレンスとドラッグに汚染された俺たちの未来を救うのは愛か勇気か、それとも友情か?驚愕のノンストップひきこもりアクション小説ここに誕生。


…聞いていない。
そんなの聞いてへん!!

NHKが「日本ひきこもり協会」っていうのはまだ良いとしましょう。
読む前に妹に聞いて知ってたさ!

し か し !

でもひきこもりがロリコンだなんて…エロゲー作っちゃうなんて…

読んでて「どうしよう読むのやめようか」とも思ったけど、読んでしまうんだよね。
怖いもの見たさ?

あの痛さに我慢できればおもしろい小説だと思う。
逝っちゃってる感が斬新な感じです。

でも絶対素直に他人には薦められない…。


2007.3.12読了
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。
ジャンル:本・雑誌

2007.02.13 18:27|読書:た行の著者
富豪刑事 (新潮文庫)富豪刑事 (新潮文庫)
(1983/01)
筒井 康隆

商品詳細を見る

もう今更説明は必要ないでしょうか。
深田恭子主演でドラマになりましたしね。
第一弾にはご本人も出演していらっしゃいました。原作には出てこない謎な役でしたが…(*>ω<*)

筒井康隆さんの小説は高校生の頃「家族八景」「七瀬ふたたび」を読みましたが、変わった話を書く人だな、程度の印象しかなく。しかしドラマを見た後は、なんだか変で面白い人、に昇格。

原作とドラマでは若干設定は違いますが、ついつい笑ってしまうコミカル、滑稽な印象はかわりませんね。
どこからともなく現れる署長さん、おいおい泣き出す喜久右衛門さま、生き生きと動き回る個性的なキャラが魅力です。
一応ミステリーとして確立してはいるそうですが、ミステリーの好き嫌いに関わらず楽しめそうなお話。


『おめでとさん。おめでとさん』

テーマ:読んだ本。
ジャンル:本・雑誌

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

あさみまみ

Author:あさみまみ
関西在住アラサー
漫画や本を読むことが好き
脳みそからあふれた徒然を

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング


アクセスランキング
ブログランキング ranQ(ランキュー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。